みなさんは後輩に仕事のアドバイスや注意をする際、どういった形で内容を伝えていますか?相手との関係を壊さないように言いたいことを伝えるのは、意外と心を消耗するものですよね。

インスタグラムで活躍されるまぶりさんは先日「仕事中にモヤッとしてしまった経験」に関する漫画を描いて公開しました。

あらすじ

ある日、新卒で入ってきた後輩のJさんに仕事上のアドバイスをするタイミングがあったというまぶりさん。「書類に記入する際は、見本を見た方がいいよ」との助言を伝えたのですが…。

Jさんにアドバイスをするまぶりさん。提供:まぶりさん

すると「でも…後でチェックするし大丈夫です」と、アドバイスの内容を突っぱねてしまったJさん。その発言を聞いて、まぶりさんはこんなことを思うのでした…。

Jさん「でも…」 提供:まぶりさん

仕事中のモヤモヤに関してを綴ったこの漫画。作品を描かれた思いや今後の活動について投稿者のまぶり(@marumarubleble)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

まぶりさん:昨年の2月、外出自粛で時間をもてあまし描き始めました。何故か突然「絵が下手な人は投稿しちゃいけないなんて決まりは無い!」って開き直ったんです。

――今回の作品は、どんな思いで描かれたのでしょうか?

まぶりさん:フォロワーさんに愚痴を聞いてもらう感じで描きました。漫画にして笑いに変える事でモヤモヤした気持ちが少し晴れるんです。 あと今回は仕事中のアドバイスに対して「でも…」は良く無いよって特に若い方に伝えたかったです。残念ながら若いフォロワーさん少ないんですけど。

――その後、Jさんにはどのような対応をしたのでしょうか?

まぶりさん:今回の出来事に関しては何も言えませんでした。2人で組んで仕事する様になったのが最近なので、業務以外のアドバイスはもう少し信頼関係ができてからが良いかなと思っています。

――今後、どういった活動に取り組んでいきたいですか?

まぶりさん:私もあと少しすると「初老」が見えて来るので、心身の変化や健康についての漫画も描いてみたいです。歳を重ねると目が見えづらくなったり、疲れやすかったりが思っていたよりハードだったんです。

 

先輩からのアドバイスを「大丈夫です」と遮断してしまったJさん。助言をしてくれたまぶりさんの気持ちを汲みもう少し丁寧なコミュニケーションができれば、お互いに対する心象もまた違ったのかも知れませんね🤔

作品提供・取材協力:まぶり