育児のタスクの中で、かなり大きな負担になるのが寝かしつけ。子供がなかなか寝てくれなくてその後の時間が圧迫されてしまう…なんてのは、育児のあるあるではないでしょうか。

インスタグラムで活躍される花ねこさんは先日「世界を救う能力者」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

最近、ある「特殊能力」に目覚めたという旦那さん。普段だったらかなりの時間を要する娘ちゃんの寝かしつけを、5分足らずで終わらせて戻ってきたのだとか。

5分足らずで帰還。提供:花ねこさん

また別の日、寝られなくてグズってしまった娘ちゃんを寝室へ連れていった旦那さん。「1時間くらいかかるんだよね…。」という花ねこさんの予想は、大きく裏切られることになります…。

グズってしまう娘ちゃん。提供:花ねこさん

旦那さんの特殊能力についてを綴ったこの漫画。寝かしつけが上手くいく理由や、フォロワーさんの反応について投稿者の花ねこ(@bloomcat1811)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――この漫画は、どういった思いで描かれましたか?

花ねこさん:常々不思議に思っていた夫の特殊な能力(?)について、ぜひ紹介したいなと思い漫画にしました。研究機関の目に止まり育児家庭を救って貰えたらなと思っています(笑)

――なぜ、旦那さんの寝かしつけは早く終わるのだと思いますか?

花ねこさん:特殊な電波が出ているのだと…(笑)もとい、普段から非常に優しく、大人でも一緒にいると心が穏やかになるような雰囲気を持っている人なので、それが乳児にも効いているのではないかと思います。あとは柔をもって剛を制す、の精神で立ち向かっているのが良いのではないでしょうか(笑)

――旦那さんの寝かしつけの方法は、旦那さん以外にも再現できるものなのでしょうか?

花ねこさん:私は同じようにやってもうまくいかないので、難しいのではないでしょうか…育児に限らず、上手くいかなくてもイライラしないという仏のような人だから可能なのだと思います。

――フォロワーさんの反応には、どういった声がありましたか?

花ねこさん:「どうやって寝かしつけているのか気になる!」「出張寝かしつけはおいくらですか?」などのコメントを頂きました。どの家庭でも悩んでいるのは同じなんだな〜と実感しました。

 

柔をもって剛を制すの理論を応用した、旦那さんの最強の寝かしつけ方法。花ねこさんの言う通り、どこかの研究機関の目に留まることを願います😇

作品提供・取材協力:花ねこ