今回は、小学館マンガワンの「第28回 マンガワン新・月例賞」を受賞した、ちづはるかさんの『ちいさきいのちの通り道』をご紹介します。

久々の帰郷だというのに、随分と暗い表情の主人公。「落選」の印が押された大きな封筒を手に持っているのが理由のひとつでありそうですが、彼女に帰郷を喜べないもうひとつの理由がありました。

いつもと同じ帰郷になると思っていた主人公でしたが、そこにはひとつの奇跡が彼女を待ち受けていたのでした。


twitter.com@harupeace6

twitter.com@harupeace6

twitter.com@harupeace6


twitter.com@harupeace6


twitter.com@harupeace6

twitter.com@harupeace6

twitter.com@harupeace6


twitter.com@harupeace6