大人が思ってもみないような行動を取り続ける、見ていて飽きない子供たち。特に「小学生男子」が繰り広げる奇行は、想像の遥か上を行くようです。

インスタグラムで活躍される忍者ママさんは先日「カギを忘れた長男の奇行の話」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

長男くんが小学生に上がったばかりのある日のこと。忍者ママさんは学校へ向かった長男くんを見送った後に、友達とのランチへ出かけたのでした。

長男くんを見送りランチへ。提供:忍者ママさん

友達との予定を終えて、夕方くらいに帰宅した忍者ママさん。車を停めようとしたところ、駐車場に人影のようなものを発見したらしく…。

駐車場に何かを発見。提供:忍者ママさん

長男くんのぶっ飛んだ行動についてを綴ったこの漫画。当時の心境や、フォロワーさんの反応について投稿者の忍者ママ(@mother_ninja_)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――寝ている長男くんを発見した時、どういったことを思いましたか?

忍者ママさん:田舎ですが、事件に巻き込まれないとも限らないので、ちょっとヒヤリとした気持ちと、天気も良かったので、気持ちよさそうにねてるなあという気持ちの半々でした。

――漫画の件以外で驚いた子供の「やばい行動」はございますか?

忍者ママさん:仮面ライダーの人形を買っていたのですが、そのツノを毎回ハサミで切り落としてました…。話を聞くと、頭は丸くないとダメでしょ?とまっすぐな目で見られたので、余計にゾッとしました…。

――フォロワーさんの反応には、どういった声がありましたか?

忍者ママさん:長男のおバカを笑っていただいたり、逆に大物だと褒めてもらえたりしました(笑)

 

母の帰りを待つ間、大の字で寝ることを選んだ長男くん。小学生男子ってやっぱり「最強」ですね…。

作品提供・取材協力:忍者ママ