Twitter上に投稿された「笑えるボタン」が話題になり、5万いいね(2022年1月14日時点)を獲得しています。

ホスピタリティ溢れるボタン

投稿者は、北海道北見市にある「北の大地の水族館(山の水族館)」で館長を務める山内 創さん。

「最近ボタン押されないな…と思ってたらボタンの充電が切れてました!すみません」という謝罪コメントともに投稿された写真がこちら!

館長呼び出しボタン 提供:山内 創さん

白い紙には、大きく「館長が出てくるボタン」と書かれ、その下には黒いボタンがあります。さらに下には、「用事が無くてもOK!ボタンを押すとだいたい3分以内に現れます」「不在の時にはでてきません」との文言も。

それにしても、用事が無くてもOKとは、サービスが良すぎます。申し訳なさそうに、「不在の時はできません」と小さく書いてあるところも、館長さんの人柄の良さと素敵な水族館であることが伝わってきますね。今回、館長さんにボタンを設置した理由について伺ったところ、

「お客様とのコミュニケーションを増やすことを目的に2020年7月に設置しました。土日祝日は3〜5回ほど押され、平日は0の日が多いです。展示や魚に関する質問をいただくことが多いです。」

…との回答がありました。わりと頻繁に利用されてるんですね(笑)。

でも、せっかくのボタンが電子切れを起こしていたとは、館長もお客さんも思いもよらなかったでしょうね。きっと、「なぜ出てこないんだろう?」と思い、ボタンを連打したお客さんも少なくなかったのではないでしょうか?

ユーザーの反応は?

この投稿を見たユーザーからは、「ワロタ^^」「猛烈に押したいです」「用事なく押した場合どうなるんだろう」といったコメントが寄せられています。

また、「行ったとき押したかったけど押す勇気がなかった」とボタンの存在は知っていても、なかなか決心がつかなかった胸の内を明かすユーザーもいました。たしかに、館長さんは、忙しいイメージがあり、ちょっと押しにくいですよね。

でも館長さん曰く、「全然出るのでぜひ押してください!」と、ボタンを押すことについて大歓迎のようです♪ 北の大地の水族館へ行く際は、ぜひこのボタンを押して館長さんとお話してみてはいかがですか?
Twitter:@suymuc
北の大地の水族館(山の水族館)公式Twitter:@onneyu_aqua
ホームページ:北の大地の水族館(山の水族館)