夫婦生活において、たびたび喧嘩の火種となる二人の価値観の相違。自分とは異なる考え方を持った人に対して、どのような接し方をするのが良いのでしょうか?

インスタグラムで活躍されるウチノコさんは先日「夫婦の接し方の工夫」というタイトルの漫画を公開されました。

あらすじ

あるお題に対して互いに違う意見を持っていたとき、相手に価値観を押し付けることで相互理解が難しくなると語るウチノコさん。

価値観を押し付けられると人は不快に感じる。提供:ウチノコさん

違う価値観が見えたときや、それが原因で感情的になってしまったとき…相手に対して、また自分に対してどういった姿勢で臨めばいいのかを説いていきます。

価値観には、それをもつに至った経緯がある。提供:ウチノコさん

夫婦の接し方の工夫についてを描いたこの漫画。お二人のコミュニケーションの変化や、特に気を配っていることについて投稿者のウチノコ(@uchino_co)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

ウチノコさん:5年前に夫が海外に単身赴任になり、時差、仕事、育児で時間が思うように合わず、ゆっくり話せなくなってしまったんです。それで、子どもの様子を伝えたくて描き始めました。忙しい人なので、押し付けにならないよう「Instagramはじめたから暇だったら見てね〜。」みたいにはじめました(笑)

――旦那さんとお付き合いを始めた頃と現在とで、お二人のコミュニケーションはどのように変化したと思いますか?

ウチノコさん:付き合っていた頃よりも、いい意味で距離感が保てるようになった気がします。まぁ、子どものことばっかり話している気もしますが…。

――夫婦のコミュニケーションで特に気を配っている点はどんなところですか?

ウチノコさん:ものすごく意識して、相手の話を最後まで聴くようにしてますね(笑)私は話すよりも、聴くことの方が難しい人なので頑張ってます。

――この漫画をどういった方に届けたいですか?

ウチノコさん:読んでいただけるだけで嬉しいです。ありがとうございます!

 

心の境界線を意識し、お互いに適切な距離感で接する…その感覚を掴むことができれば、より良い夫婦生活を送っていくことができそうですね。

作品提供・取材協力:発達凸凹系 生態不明ウチノコ兄弟の研究絵日記