子育てって難しいですよね。正解なんてどこにも書いてないし、もしかしたら自分のやっていることが、押し付けになっているかもしれない……。子育ての固定観念に気づかされたエピソードを、ケイコモエナさんがインスタグラムにエッセイ漫画として公開しました。

「自分は我が子の妨げになっていないか?才能はちゃんと伸ばしてあげられているのか?」こんな不安を占いでほぐしてもらったと言うケイコモエナさん。

精神科やカウンセリングに行くほどの問題ではないと、誰にも相談せずひとり黙々と頑張っていたある日のこと、友達の友達が占い師デビューしたことを聞きつけ、娘を占ってもらうことにしました。

娘を占って頂きました。 提供:ケイコモエナさん

「正義感があり、人に求められないと寂しさを感じ……」と会ったこともない娘の性質を次々に言い当て、その上でどう接すればいいのか的確なアドバイスをしてくれる凄腕の占い師さんだったそうです。

家を散らかす娘に何と言えば伝わるのか聞いてみると、ハッと気づかされるアドバイスがすぐに返ってきました。

娘にもルールがある。 提供:ケイコモエナさん

占い師:「家がキレイはあくまでケイコモエナさんのルールであり、娘にはないルールだから、それを理解してお願いしたらどうでしょうか」

ケイコモエナさんはこの一言で、「家をキレイにするのが当然」というマイルールを娘に押し付けていたのかもと、気づかされるのでした。

それ以来、娘のゆあさんは驚くほど家事を手伝ってくれるように。

お願いを聞いてくれた娘のゆあさん 提供:ケイコモエナさん

インスタグラムには「家がキレイがマイルールに無い…、まったく思いつかない発想でした!」と驚きのコメントなどが寄せられました。当たり前が通用しないのが子育ての難しいところです。子供に何かを教える時は、ルールを見抜いて上手に伝えられると良いですね。

こちらの作品について、投稿者のケイコモエナ(@keikomoena)さんにお話を伺いました。

今回の占い師に関する漫画を掲載したきっかけを教えてください。

ケイコモエナさん:育児って小さくて細かい悩みが沢山あって、誰かに聞いてもらったり、相談したりせず、ひとり黙々と頑張ることって多いと思うんです。

誰かと相談したくてもためらってしまうし、ママ友だと同じ悩みを抱えていてそれと言った解決法が出ないし、かといってカウンセラーに行くほどの悩みでもないし……。

そうやって悩んでいる時に、尊敬するお友達のお友達が占い師デビューをされて、占って頂いたらすごく安心感を与えてもらえたんです。それが良い経験になったので、皆さんにただ聞いて貰いたいなって思い、今回の漫画を描きました。

以前から占いをしてもらった経験は豊富なのでしょうか?

ケイコモエナさん:占い好きですが、全然豊富ではないです。人生で4回ほどで、信頼している友達の体験談を聞いて見てもらったケースばかりです。

今回の占いを機に何か始めたことや生活習慣が変わったことはありますか?

ケイコモエナさん:今までの自分の育児に関しての、「当たり前」と思っていた価値観を見直し始めました。

私が母から教育されてきたことや、私の経験上、当たり前で正当と思っていた考え方を多々見直し中です。笑

今回、2部作を投稿して読者の反響はいかがでしたでしょうか?

ケイコモエナさん:読者の方々からは暖かく優しいコメントを頂いて、読みながらホクホクしてしまいました。

同じ先生に占ってもらった方もいるようでして、「すごく良かった!」「頼んでみて良かった!」とのダイレクトメールを見た時は、私のことのように嬉しくなってしまいました。

ケイコモエナさん、素敵なエピソードをありがとうございました。今回の漫画のように新たな発見があるかもしれませんし、子育てに困った時は占ってもらうのも良いかもしれませんね。