ネコ科の動物といえば、ライオンやトラなど、凶暴なハンターのイメージが強いはず。けれど人間の社会に溶け込んだ猫たちは、とっくに野生を忘れちゃってるみたいです。そんな完全に警戒心を失った猫をまとめました。

1. 好かれちゃったみたい

近所の猫に好かれているという、海外掲示板のユーザーFanjolinさん。猫が膝の上でスヤスヤと眠っています。腕に絡まるような体勢で、全身から力が抜けていますね。こんなに甘えられたら、たまりません。まるで自分の家で飼っているかのように、信頼されていますね。

これは私の猫ではありません。近所の人が飼っているのですが、1日おきに私のところに来ては気絶しています。

2. 毛繕いのお手伝い

海外掲示板のユーザーのdannylopuzさんは、保護猫の毛繕いの様子を動画で投稿。猫のベロを触って、代わりに毛繕いをしてあげているんです。これは相当な信頼関係がないと成り立たないはず。こんなことをさせてくれるのは、dannylopuzさんにだけだとコメントで語っています。

私の保護猫は、彼の手入れを手伝うことを許してくれます

3. 2秒で肩乗り

保護猫のキルアちゃんを引き取った、海外掲示板のユーザーであるk9fz89さん。幸運なことにすぐに懐いてくれたそうで、そのときの動画を投稿しています。その動画には、k9fz89さんの肩に乗っかるキルアちゃんの姿が。出会ってからたったの2秒で、この距離感でした。

養子にした猫に会ってから2秒以内に、彼女は私の肩に登りました。

4. ご主人どこ?

海外掲示板のユーザーnirymさんは、自分の猫から30分離れ、その間にカメラを設置してみました。すると猫は散歩用の紐を口でくわえて、必死にご主人を探しています。nirymさんはこの姿を見て、もう二度と一人にさせたくないと思ったと語っています。

猫をカメラと一緒に30分放置すると、もう二度と離れられなくなります

5. 休日のオトモ

海外掲示板のユーザーであるShade3177さんは、猫がそこまで好きではありませんでした。けれど彼女が引っ越してくるのをきっかけに、猫と触れ合う機会ができたんです。すると二人は意気投合。ゲームをしているときだって、くっつく仲になりました。

僕は猫を欲しがらないタイプなんだけど、彼女と「僕の町に引っ越してきたら猫を飼う」と約束していて…。彼女がその約束を守ってくれてよかったです。私の相棒、悟空。