毎年夏に訪れる子供にとっての天国、夏休み。なんの縛りもなくはしゃぎ回る子供たちを見て「うらやましい」という感情を持つ方もいるのではないでしょうか?さて先日、インスタグラムで活躍されるムスカリさんはそんな夏休みに関する漫画を公開されました。

ある朝、待ちに待った夏休みが到来し「ず〜っとお休みだよ!」とはしゃぐ3歳の娘(あにゅ)ちゃん。先日洗濯してしまったペンを試し書きしていたパパに「パパは会社なの?」などと質問します。

パパは会社なの? 提供:ムスカリさん

パパが会社へ出かけたあと、ふと先程の試し書きを見たムスカリさん。なんとそこには「あにゅちゃんずるい」の文字が…。娘の夏休みを羨ましく思いながらも、猛暑の中会社へ向かったパパに対して感謝の気持ちを抱いたのだとか…。

大人だって休みがほしい。提供:ムスカリさん

働く大人の悲哀をと子供の無邪気さを描いたこの漫画には「パパ可愛い」「夏休み羨ましい…」「わかる…大人だってお休みほしい」などのコメントが寄せられました。

インタビュー

投稿者のムスカリ(@musukari_essay)さんにお話を伺いました。

――この漫画を描かれたきっかけはなんですか?

ムスカリさん:夏休み初日に「幼稚園の支度はしなくていいよ」と伝えたときの娘の大喜びと、パパのテンションの低さが、対照的でおもしろいと感じたからです。

――「あにゅちゃんずるい」と書かれたメモを見た時の気持ちを教えてください。

ムスカリさん:「試し書き」と聞いたので「あいうえお」と書いたのかと思っていました。まさかの文面に笑ってしまうとともに、猛暑のなか毎日出勤するパパに、感謝の気持ちが沸きました!

――コロナ禍の夏休み、どういった風に過ごしていますか?

ムスカリさん:水遊びができる公園や噴水に遊びに行っています。猛暑日はおうちでのんびりしますが、元気があり余っているので、夕方サイクリングに出たりもします。緊急事態宣言前はお友だちと旅行の計画などを立てていたので、少し寂しいですが…。お祭りや花火も恋しいです。

――最後に、この漫画の反響にはどういった声がありましたか?

ムスカリさん:「大人も夏休みがほしいよね!」とパパに共感の声をいただいたり、「夏休みバテないようにお互い気を付けましょう」と労いの言葉をいただき、とてもうれしかったです!

 

娘の夏休みを羨みながらも気持ちを切り替えて会社へ向かったパパのメモに、哀愁と面白を同時に感じる投稿でした。暑い中頑張る全国のパパさん、いつも本当にお疲れ様です。

作品提供・取材協力:ムスカリ