風刺や知識、教訓などをわかりやすく伝える言葉「ことわざ」…らしんですが、聞いてもよくわからないし、聞いたこともないってモノが多いと思います。でもだからこそ、ふとした場面でスッと状況に合ったことわざを使いこなせるようになったら少しだけカッコイイと思いませんか?

ということで「知識人しか知らないことわざ」では世の中の様々なことわざをご紹介します!これを読むと昨日より少しだけ賢くなれるかも?

平安時代から使われてきた言葉

ことわざ「口脇黄ばむ」の意味

鳥類の雛はくちばしが黄色いことから、口のあたりがまだ黄色みを帯びている、年若く経験が乏しいことをあざけっていう言葉。

平安時代の歴史物語「栄花物語」より「さやうに口わき黄ばみたるぬしたち、出し入れては見んとする」が由来とされています。

類義語には嘴が黄色いなどがあります。

【例文】
「こんな常識も知らないとは、口脇黄ばむとはこのことだ」

口脇黄ばむなんていったら、カレー食べた後だと誤解しちゃいそうですが…「食事の行儀が悪いこと」とかではないみたいです。