動画ニュース

動画ニュース

家族3人、GoToトラベルで「サンリオピューロランド」に行ってきました / 東京ディズニーランドとの違いについて

calendar

つい先日の祝日、私(P.K.サンジュン)は生まれて初めて「サンリオピューロランド」に行ってきました。4歳の愛娘に「行きたい行きたい」とせがまれたら、私としては断ることが出来ません。我ながら娘には甘いと思いますが、娘からは「お父ちゃん怖い」とか言われるのは何故なのでしょう? シンプルに理解できません。

さて、今回のサンリオピューロランドは例のアレ、そう「GoToトラベル」を利用しました。この記事では家族3人でかかった旅費をご紹介しつつ、初めてのサンリオピューロランドの感想を述べていきたいと思います。サンリオピューロランド、結構スゴかったです。

・ホテル付プラン

私は都内に在住しているので本来なら日帰りでも良かったのですが、娘は大のホテル好き。以前、東京ディズニーランドのホテルに宿泊したところ、なんならパークよりもホテルの方がお気に召していました。どうやら「遊園地に行く前はホテルに泊まるもの」的な感覚があるようで、今回も自然に前乗りになった次第です。

で、プランとしては保育園を終えた娘をそのまま電車に乗せ、サンリオピューロランドのある多摩センターまで直行。多摩センターで夕食を済ませた後、ホテルにチェックインして1泊するというものでした。翌日はもちろん朝からサンリオピューロランドです。

ホテル選びやその他のプラン等はすべて妻に任せていましたが、後から聞いたところ、旅行会社に払った金額は3名分のホテル代(朝食付き)とピューロランドのパスポート2枚込みで1万4170円とのことでした。これに娘のチケット代、2400円が加わります。

つまり、合計で1万6570円がかかったことになりますが、 GoToトラベルのクーポン券が3000円分もらえました。嬉しかったのはこのクーポン券が園内のおみやげ売り場で使えたこと。結局はシナモロールちゃんのぬいぐるみに化けましたが、もらったクーポンを迷わず消費できるロケーションはありがたいですよね。

・総額は

お金の話を先に済ませておくと、これに加えて場内の飲食費と雑費、さらには交通費で総額は2万円ちょいというところでしょうか。そこからGoToトラベルのクーポン券3000円分が差し引かれます。

要するに「1泊2日、親子3人サンリオピューロランドの旅」は総額2万円弱、という感じでした。これが高いのか安いのかはわかりかねますが、とにかく娘が大喜びだったので個人的に言うことはありません。ちなみに祝日の大人の入場料は3800円。ぜひ、参考にしてください。

・なかなかスゴかった

さて、42歳にして初めて足を踏み入れたサンリオピューロランドでしたが、いい意味で私の予想を裏切ってくれました。なんとなく「ディズニーランドのサンリオ版」をイメージしていたんですが、なんだかんだ結構違いましたね。以下で私が感じた3つの特徴を述べていきたいと思います。

・その1: 敷地の規模が小さい

東京ディズニーランドはもちろんのこと、としまえんや後楽園と比べても、サンリオピューロランドはかなり小ぶりな施設でした。実はコレ、親としては大変ありがたいことで、施設内の移動距離が短くて済むためそこまで体力の消耗が激しくありません。

まだ娘は「近いからここに行こう」などと計算できる年齢ではなく、無造作に「〇〇に行きたい」「〇〇に乗りたい」とリクエストしてきます。屋根付きの屋内施設だったこともあり、移動による体力の消耗はかなり控えめだったと言っていいでしょう。

・その2: アトラクションがメインではない

私はてっきり「キティちゃんのメリーゴーランド」や「マイメロちゃんの観覧車」的なアトラクションがメインのテーマパークかと思っていましたが、いわゆる乗り物系のアトラクションは数えるほどしかありませんでした。ピューロランドのメインは「シアター」だったんですね。

確認できた限りだとサンリオピューロランド内には5つのシアターがあり、どこかしらでショーやムービーの上映が開催されています。中でも私が衝撃を受けたのは、その名も「KAWAII KABUKI(かわいいかぶき)」──。そう、キティちゃんが座長を務めるサンリオ流の歌舞伎なんです。

後から詳しい人に聞いたところ、この 「KAWAII KABUKI」は松竹が監修を務めているらしく、緞帳(どんちょう)が上がるとキティちゃんが平伏して登場するんですよ。登場キャラもそうですが、練り上げられたシナリオや演者たちのパフォーマンスなど、ちょっと衝撃を受けましたね。これを見るだけで2000円くらいの価値があると思います。

・その3: サンリオ愛がヤバい

ディズニーランドもそうですが、サンリオピューロランドには当然のようにサンリオ愛にあふれる人たちが来場していました。やはりというべきか、若い女性同士のお客さんが多かった印象で、ほぼ全員がキティちゃんやクロミちゃんのカチューシャを身に着けていましたね。

あとは圧倒的に多かったのが子連れの家族。東京ディズニーリゾートのパスポートは8200円、子供でも4900円しますから、子供がメインならピューロランドになるのも頷けるところです。しかもまだうちの娘くらいだとピューロランドの広さで十分なんですね。ディズニーランドを思いきり楽しむだけの体力がまだ備わっていません。

料理のメニューの1つ1つもそうですし、キャストさんたちもそう。園内の随所にあふれるサンリオ愛を感じました。それでも私が「キティたん! キティたん!!」……とはなりませんが、また娘を連れてきてあげたいな、とは思います。あと、懐かしいサンリオのキャラを見つけるのも地味に楽しかったです。ゴロピカドンなんて何年ぶりに目にしたでしょう?

というわけで、私的には「ディズニーと住みわけが出来ているな」「シチュエーションによってはピューロランドもいいな」と感じた初めてのサンリオピューロランドでした。小さなお子さんをお持ちのお父さんお母さんたち、良ければ参考にしてください。

参考リンク:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

Translate »