動画ニュース

動画ニュース

インドのレトルトカレーが375円だけど具ギュウギュウ! 本格インドカレーが手軽に味わえる「マザーズレシピ」

calendar

カレーの本場であるインド。そんなインドにもレトルトカレーがあることをご存知だろうか? いや、あってもおかしくはないと頭では理解できるんだけど、私(中澤)にとってインドカレーは、専門料理屋で食べるものでレトルトのイメージがなかったのである。

事実、インドカレーを標榜するレトルトはあっても、向こうの人が作り流通しているガチの製品に出会うことは日本では少ない。ゆえに、インド食材店でMade in Indiaのレトルトカレー「マザーズレシピ」と出会った時は衝撃であった。へー! こんなのあるんだ!!

・インド食材店『スター・インド・グローサリー』にて

マザーズレシピが置かれていたのは御徒町にあるインド食材店『スター・インド・グローサリー』。外観は食材店というより何かの事務所のような感じで、初見だと入っていいのかどうか分からないが、入店してみると中はインドの食料品スーパーみたいになっている

棚には調味料、お菓子、インスタント麺などが並んでおり、その中の一角にレトルトカレーコーナーがあった。趣味でレトルトカレーを追いかけている私(中澤)。その中の1つを手に取ると、「Manufactured and Exported by Desai Brothers Ltd.,1436,Kasba Peth,Pune – 411 011,India.」と書かれていた。

どうやら、インドの会社デサイ・ブラザーズが製造・流通しているもののようである。肉のカレーはなく、並んでいるのは野菜カレーばかり。ベジタリアンが多いというインドの食文化が感じられた。

・作り方などは日本と同じ

そして何よりも気になるのは味である。カレーの本場インドのレトルトってどんな味がするんだ? そこで最も商品が減っていた「ミックスベジタブルカレー(税込375円)」を購入してみた。

パッケージは日本とほぼ同じで厚紙の箱の中にレトルトパウチが入った形状。電子レンジで調理できることや、湯煎の時間が3分であることなども変わらない

・中身に衝撃

さっそく湯煎し、封を開けると、漂うエスニックなカレーの香り。匂いはとりあえず本格的である。あらかじめ炊いておいた白ご飯にかけてみると……

ゴロッゴロだ。袋の中から具が次々とあふれ出し、皿の上にミックスベジタブルの丘ができる。さらに、斑点のように赤みがかったカレーソースが皿に作る海。具とソースの量が、日本の375円くらいのレトルトカレーとはくらべものにならない。これが大陸……!

・インドの風

食べてみると、酸味の後からじわじわ押し寄せてくる辛さ。やがて、それはヒリヒリとした痺れへと変わった。熱い風を感じる。まさに日本産ではありえない豪快なスパイシーさだ。

上記のように口当たりは優しくないが、ソースがサラッとしているためのど越しはスッキリしている。じゃがいも、グリンピース、にんじん、インゲンと具が野菜なのも、食べ心地が軽くて爽やかさを強調するようだ。そののど越しは熱い国の食べ物の味という感じ。要するに本場の味なのである。

おそらく、言われないとレトルトカレーとは気づかないだろう。少なくとも、日本人である私の舌だとレトルトっぽさのようなものは微塵も感じられなかった。インドカレーが好きな人は、専門店よりも安い本格インドカレーを食べる方法として知っておいて損はないかもしれない。

・今回紹介した店舗の情報

店名 スター・インド・グローサリー
住所 東京都台東区台東4-19-5
営業時間 月~金10:00~20:00 / 土11:00~19:00
定休日 日

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

Translate »