動画ニュース

動画ニュース

【すき家】2020年版『麻辣牛火鍋定食』には「特製担々ダレ」がついてるぞ~! 2019年の『四川風牛すき鍋定食』とも比較

calendar

寒くなって参りましたな。そろそろコタツを出動させようか、なんて考えるきょうこの頃だ。寒いの苦手なんだよな~~、暑いのも苦手だけど。それはさて置き、この時期になると各飲食店から登場するのが、鍋系の商品だ。

「すき家」は2020年11月4日より、本場中国の味を堪能できるという『麻辣牛火鍋定食』などの販売を開始。すき家と言えば、2019年の『四川風牛すき鍋定食』も美味しかったと記憶している。これは期待できるぞと、さっそく食べに行ってみた。

・すき家は鍋家? 

すき家は、鍋にかける情熱が尋常ではない気がする。鍋だけにアッチッチだ。なんてったって、この『麻辣牛火鍋定食』だけでなく定番の「牛すき鍋定食」ほか、キムチとチーズを合わせた「キムチーズ牛すき鍋定食」や「あさり牛火鍋定食」と計4種類もの鍋を、同日より販売しているのだ。

もはや、すき家を鍋家と呼んでも過言ではないかもしれない。いや、それは言い過ぎか……。わからんがまあ、それくらいの気合を感じる。ではさっそく『麻辣牛火鍋定食(ご飯並盛・税込840円)』を注文してみるとしよう。

・小皿には担々ダレと麻辣スパイス

フツフツという火の音と共に運ばれてきた『麻辣牛火鍋定食』は、見るからに麻辣な感じだ。記者は本場の中国に行ったことがないので知らないが、多分現地の麻辣フーズもこんな感じだろうと思うくらいのビジュアルをしていた。

商品説明によると “2種の唐辛子で味付けした特製スパイスオイルと、8種のスパイスや3種の唐辛子、山椒で味付けした鶏がらベースの特製スープを使用” しているとのこと。そんな明らかにスパイシーなスープの中には野菜と牛肉、うどんや豆腐などが入っている。

添えられた小皿の中には、オリジナル麻辣スパイスと担々ダレだ。グツグツと煮えるのを待ち、いざ実食! まずはスパイスをかけずに、そのままをいただく。なるほどなるほど、山椒が効いていて、舌が若干ピリっとするほどにはパンチが効いている。

これだけでも人によっては満足だろうと思われるが、ここで小皿の麻辣を投入! フワリと漂う香りから、一気に異国感が増す。口に入れると……美味しい~~!! ピリピリ&ポカポカするよ! これはウマいよ、この冬リピ決定ですわ。

・ピリポカ度は2020年が上

とまあ、大満足な一品である。ここで思い出されるのが、冒頭に書いたように2019年の『四川風牛すき鍋定食』だ。こちらは、牛すき鍋に特製辛口ダレを使用し、食べるラー油と麻辣スパイスをかけて食べる仕様だった。

記者もこの『四川風牛すき鍋定食』を食べたので、当時の風景と味を呼び覚ましてみる。いでよ、四川風牛すき鍋定食!! するとベースの鍋は比較的優し目の味で、ラー油と麻辣を混ぜることでピリ&ポカ……っとなったことを思い出した。

ピリポカ具合では2020年『麻辣牛火鍋定食』の方が、ガツンと強く感じられるだろう。そして何より『麻辣牛火鍋定食』には担々ダレが付いていることが、大きなポイントだ。

正直、はじめは「このタレは必要かなあ?」と思わない訳ではなかった。しかし時折、このタレに具材を付けることで違った味が楽しめ、さらに食欲が増進することに気付く。担々ダレ、大事やで。

そんなこんなで、すき家の鍋メニューは、さらにパワーアップしていることが知れた。また一歩、鍋家デビューへと近づいたということか。なにはさて置き『麻辣牛火鍋定食』は、日々の生活にちょっとした刺激を与えてくれるに違いない。ちなみに、テイクアウトもできるぞ。

参考リンク:すき家「麻辣牛火鍋定食」
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

Translate »