動画ニュース

動画ニュース

【スマン】沖縄の新名物『黒い濃い人』が思ってたのと全然違った!

calendar

「沖縄へ行ったら『嫁ニーさん』にバッタリ会えるかもしれない」と密かに期待していた。『嫁ニーさん』とはテレビのバラエティ番組で一躍人気者になった沖縄在住の『一般人』。

と、思っていたのだが……那覇の土産物屋をのぞいてみると、どこもかしこも『嫁ニーさん』のグッズだらけだった。これは恐らく相当運が良くなければ「バッタリ会える」ことはないだろう。少し残念ではあるが、コロナ禍の景気回復に大きく貢献されているのは喜ばしい。

関連商品の主力は、某有名菓子へのリスペクトをビンビンに感じる『黒い濃い人』である。旅のネタとして1つ購入しておこうか。

・見た目で判断してはいけない

ちなみに結論から先に申し上げると、『黒い濃い人』は “本家超え” の可能性もあるハイクオリティスイーツだった。なぜ先に結論を言ったのかといえば、私は『黒い濃い人』に対して申し訳ない気持ちでいっぱいだからだ。

だって正直、私の人生において “この手のパッケージと商品名” の菓子がウマかった試しはない。『黒い濃い人』はどう見たって “ネタ商品” の部類であり、よくある土産菓子と同様に『味は二の次』である可能性が高いと思われた。

が……それは大きな間違いだったのだ。私は「菓子を見た目で判断してしまった」ことを深く反省し、先に謝罪しておいた次第なのである。それでは時を戻そうか。

・お子さんもたぶん大ウケ

よく見ると『黒い濃い人』のパッケージには細かい仕掛けが隠されているぞ。

各サイド部分に沖縄を感じさせるフレーズ。

なかなか内容が哲学的である。

8枚入りで価格は800円(税抜)。

中身を食べ終えると……

なんとボックスの下から『濃い人』の顔面が出現する仕組み!

お面のように立て掛けることもできるぞ。う〜ん、凝ってるなァ!

・普通にウマいです

さて『黒い濃い人』の正体は、某北海道のアレと同様『ラングドシャ』である。「黒い」ったって、せいぜい “濃い茶色” くらいかと思っていたら……

黒っ!!!

この黒さは『炭末』によるものらしいが、別に炭の味がするわけではなく、パッケージにもあるように『芋』の風味がかなり強い。沖縄特産『ちゅら恋芋』という品種が使用されているようだ。凝ってる!

個人的に特筆すべきポイントは “ラングドシャの歯ごたえ” 。一般的なラングドシャは「しっとり」「サクサク」を売りにしているものが多いなか、この黒いラングドシャは「パリパリ」あるいは「ボリボリ」としていて非常に斬新である。

ネタとしてインパクトがあるだけでなく「かなりおいしい」ということも判明した『黒い濃い人』。直接聞いたわけではないけれど、『嫁ニーさん』が相当こだわって作り上げたことは間違いないはずだ。沖縄土産の頂点に君臨する日は近いかもしれない?

参考リンク:黒い濃い人
Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

Translate »