動画ニュース

動画ニュース

【缶詰の日】ロケットニュース24記者がオススメする「絶対に食べてほしい缶詰5選」

calendar

本日10月10日は『缶詰の日』。1877年10月10日に、日本初の缶詰工場でサケ缶が作られ始めたことを記念して、10月10日が缶詰の日になったとのこと。

ロケットニュース24もこれまでたくさんの缶詰を紹介してきた。そのなかでも絶対に一度は食べてほしいと思う缶詰を記者5人が選んだので、ぜひこの機会に新しい缶詰にトライしてみてほしい。

中澤星児「脂が乗りまくったトロける味わい」
・高木商店のサバ缶

中澤星児「個人的にはサバ缶が缶詰の基本だと思っているのだが、そんなサバ缶の中で高木商店は最強だと思う。脂が乗りまくったトロける味わいは、ひと口食べただけで誰にだって違いが分かるはず。マジで1度食べてもらいたい」

【缶詰マニア】缶詰の品揃え日本一の酒屋の店主がオススメする「サバ缶」がこれだ! 1年で最も脂が乗った鯖を水揚げされたその日に調理する『高木商店』

原田たかし「『ツナ+明太子』という美味しい方程式」
・めんツナかんかん

原田たかし「日本初の明太子メーカー『ふくや』が発売しており、今(2020年10月時点)では600万個以上も売れているモンスター商品。

『ツナ+明太子』という方程式がマズい訳がないが、期待以上の働きをしてくれて一家に1つあると助かるシーンも多い。いろんな料理に使える点もまたヨロシ! オススメ!!」

【ウマすぎ注意】100万個売れている「めんツナかんかん」は中毒者続出も納得できるほどの神商品だった

佐藤英典「保存期間3年とかマジでビビる」
・パンの缶詰

佐藤英典「最近の缶詰技術はスゴイ。どんな料理でも缶詰として美味しく食べることができる。その最たるものが、パンの缶詰じゃないだろうか。パンはそのままだと保存に適していない。すぐにカビるし、パサパサになったりカピカピになってしまう。

ところがこの缶詰パンは賞味期限内なら食える! そして美味い! 保存期間3年とかマジでビビる」

【キャンプで試そう】最近の非常食「缶詰パン」がウマすぎてヤバい! マジで毎日食べたくなるレベル

GO羽鳥「不思議と海の味がする」
・タランチュラの缶詰

GO羽鳥「缶詰と聞いて真っ先に思い出すのはタランチュラの缶詰だ。中に入っているのは “乾燥タランチュラ” といった感じの乾物で、味は『エビの殻+スルメ+カニ味噌+虫の味』……的な濃厚系のテイスト。陸地の蜘蛛なのに、不思議と海の味がするのが面白い。

ちなみに、このまま食べても美味しいのだが、『間違いなくお茶漬けに合う!』との直感に従い、実際にやってみたら相性バッチリ! 粉末状にして『タランチュラ粉』として使うのもアリだなと思ったりもする」

【最強レシピ】タランチュラ茶漬け

P.K.サンジュン「“缶詰” と聞いたらコレしかない」
・シュールストレミング

P.K.サンジュン「すまん。ぶっちゃけ、全然オススメじゃないんだけど、“缶詰” と聞いたらコレしか思い出せなかった。それくらいシュールストレミングは、ニオイだけではなく存在感も強烈だ。

我々はこれまで何度もシュールストレミングに挑んできているが、GO羽鳥のリアクションは控えめに言って最高だと思う。どうか元気がないときにこの動画を観て欲しい。何回でも何回でもループしちゃうから」

【激クサ検証】潔癖男子「シュールストレミングなんて絶対に吐く!」→ ニオイを嗅がせてみたらこうなった

──以上、ロケットニュース24がおすすめする「絶対に食べてほしい缶詰5選」である。

そのお手軽さ、保存性、そして味の豊富さで多くの人を魅了する缶詰。せっかくの缶詰の日、思い切って普段は手をつけない缶詰に挑戦してみるのも面白いかもしれない。

執筆:ロケットニュース24編集部
Photo:RocketNews24.

Translate »