動画ニュース

動画ニュース

これがケニアのタクシー運転手が疲れた時に飲むエナジードリンクだ! メーカーを調べたら、まさかまさかの…!! カンバ通信:第30回

calendar

ジャンボオオオオオオオオオォォッ!! エナジング・イン・ザ・ケニア! 待たせたな。3代目エナジーマン・ケニア支部のチャオスだ! 本業はタクシー運転手。仕事んときは1日中運転。当然ながら眠くなる。そんな時は……エンナジイイイイイイイッ!!

ということで今回は、オレが最も愛するエナジードリンク『Lucozade BOOST(ルコゼード・ブースト)』を紹介すっぜ! 2代目エナジーマンは安心して休んでな。エナジー・イン・ザ・ナイロビ!!

いつ飲むか。もしもそう聞かれたら、「今でしょ」じゃなくて「疲れた時だよ!」とオレは答える。とはいえ、夜は飲まない。眠れなくなるからな。あとは毎日は飲まない。慣れちゃうからだ。

んでもって……

エナジーサーチと行きたいところだが……

……

細かいことは気にしないとして、「ENERGY FAST!」「GLUCOSE ENERGY DRINK」って表記に注目してほしい。そう! このドリンクはグルコース(ブドウ糖)のドリンクなのだ。

ブドウ糖つったら、脳のエネルギー源だろ。なので、この「ブドウ糖水」みたいなエナジードリンクを飲んだら、ボンヤリした頭もシャッキーンッってなるわけなんだよ。シャッキーン!

・エナジープロのエナジング

気になる味は、ブドウ糖なだけに、もちろん甘い。だが、その甘さが気に入っている。価格も良い。オレが愛する紙パック(250ml)の方は、1つ80ケニアシリング(約77円)だ。

ちなみにコレ、紙パックなので当然ながらストローで飲む商品なんだが、オレくらいのエナジープロになると、ストローなんて野暮ったいモノは使わず……

ダイレクト・エナジーチャージよ。

最後に、こちらの『Lucozade BOOST(ルコゼード・ブースト)』だけど、メーカーは日本のみんなが知ってる会社だ。どこだと思う? あらまぁ、あらさて、サントリーよ! エンナジイイィィッ!! クワヘリ。

参考リンク:Lucozade(英語)
Report:3代目エナジーマン(チャオス
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前回へ | 第1回から読む

2020-09-20 06:00:26 ケニアのバスはマスクをしてないと乗せてくれない / カンバ通信:第29回

ジャンボ〜! チャオスです。ケニアの首都ナイロビでタクシー運転手やっとりますチャオスです。ところで、聞いたぞ〜。日本、大丈夫か? マスクをしていない人も公共の交通機関に乗れるのだとか……。

それを聞いた時のオレの感情は「マジで?」だよ。ありえない。ケニアでは絶対にありえないってそれ。だってだって、マスクしてないと乗せてくれないもん。たとえばバスとか。つーことで、乗ってみたよ。

もちろんオレはマスク着用。当たり前。だって乗せてくれないもん。もしもマスクなしで乗ろうとしたら、「ダメだ」って怒られるし、もしもマスクなしで座席に座ってたら「降りろ」ってなるから。これホントに。そのくらいマスクに関しては厳しくやってる。ナイロビはね。

あとはソーシャルディスタンスも重要だよ。ギュウギュウ詰めとか、ありえないから。だいたい2席で1人みたいなディスタンスをとってるよ。そのおかげもあってか、ここ最近の新規感染者は100人以下ってことが多いかな。日本、大丈夫か? 油断せず、引き続き気をつけてね。クワヘリ!

Report:チャオス(カンバ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前回へ | 第1回から読む

2020-09-14 20:00:34 ケニアのタクシー運転手がよく食べる約80円の朝食セット「マンダジ&紅茶」がコチラです / カンバ通信:第28回

ジャンボ〜! チャオスです。ケニアのナイロビでタクシー運転手やってるチャオスで〜す。ところでみんなは、ちゃんと朝食、食べる? オレは食べてるよ〜。いつものカフェでね。

ということで今回は、オレが足しげく通う「ナイロビの安くて美味しい店」こと『Citi Cafe』でのモーニングセットを紹介しよう! 今回注文したのは……

マンダジ(Mandazi)」と紅茶のセットだ。

両方あわせて80ケニアシリング(約78円)。安いだろ! なにせマンダジが3つも付いてて80ksだ。安いのに腹いっぱい! まさに「朝定」って感じだよ。ちなみに、マンダジってのは……

揚げパンみたいな感じだよ〜ん!

手づかみで食べてもOKだし、フォークで食べてもOKさ。そして、口の中にマンダジを入れつつ〜の……

ティーをシバくと最高なのよ〜ん! この食べ方、覚えておくと大吉だよ。ちなみに、マンダジは甘ぁ〜い味なので、紅茶はノンシュガーの方が良いかもね。子供にも大人気の食べ物だよ〜。では、お腹もいっぱいになったところで……クワヘリ〜♪

Report:チャオス(カンバ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前回へ | 第1回から読む

2020-09-13 21:00:39 【衝撃】阿波踊り専用エナジードリンク「アワライズ」が激ウマすぎて阿波踊ってる場合じゃねぇ! 特に『ゆず』がヤバイ!!

エンナァジイイイィィィッッ! みんなエナってるか? 久しぶりだな。エナジードリンクをこよなく愛する男、エナジーマンだ!! ところで以前、『千葉ローカルエナジー』っていう千葉県限定のエナドリをご紹介したんだけど覚えてるかな? 今回は “ご当地エナドリ” の第2弾をお送りするぞ。

徳島県生まれの「Awa Rise(アワライズ)」は、世にも珍しい阿波踊り専用エナジードリンクとして有名だ。何やそれ! どう転んでもイロモノじゃねーか!! と思うエナジー者も中にはいるかもしれない。ぶっちゃけ俺もそうだった。しかし、これがまさかの激ウマでびっくりエナ。阿波踊ってる場合じゃねぇ!

・阿波踊り専用

今から約5年前に発売された「アワライズ」。主に徳島県内の自動販売機で売られているという。ネット通販で買おうか迷っているうちにずいぶん時間が経ってしまったが、つい先日、都内のコンビニでたまたま発見したので買ってみた。

味は『ゆず』と『すだち』の2種類があり、値段はそれぞれ税抜150円。シルバーに光った缶をよく見ると……エ、エナッ!? そこには阿波踊りをする阿波ダンサーが描かれている。そう、冗談ではなく本気で阿波踊り専用エナジードリンクなのだ。そして缶の側面にはこんな解説が。

「アワライズは興奮と熱気の渦に包まれる阿波踊りで最高のパフォーマンスを発揮したい時のために開発されたエナジードリンクです」

いや限定されすぎだろ! そんな時あんまねーよ!! と、ややネタっぽい雰囲気も醸し出している「アワライズ」。本気なのか? ふざけてんのか? どっちなんだ!? まあ、とりあえず恒例のエナジーサーチから行ってみるか。

※説明しよう! エナジーサーチとは、エナジーマンが缶の裏の成分表示をただ眺めることである!!

・サーチ結果

エナエナ(ふむふむ)。結論から言うと、エナドリとしてはかなりフツーである。100ml当たりのアルギニン120mg、カフェイン32mgという数字はまさに平均値。他の成分も極めてフツーなので、何がどう阿波踊りに効果的なのかは見えにくいというのが正直なところだ。

それでは味の方はどうだろう? 『ゆず』の缶をプシュッと開けると、あたりに立ち込める柑橘系の香り。こ、これは……!

カップに注いだ『ゆず』は濃い黄色だが、王道系エナドリのそれとは違い、沈殿というかやや濁っているような感じがする。さっそく飲んでみると……

_人人人人人人人人_
> うっま!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

・予想を超える味

これは……完璧な柚子フレーバーだ! そう叫びたくなるほどに爽やかで、フルーティーで、香り高い。心地良い甘みと酸味、そして柚子特有のちょっとした苦みがジャストなバランスでミックスされているではないか。果汁1%って書いてるけど、果汁1000%の間違いだろ。

その分エナドリっぽさはほぼ感じられないのだが、こうも真っ当にウマいならもはや関係ねぇというか、おいしいジュースとして普通に成立してしまっている。ここで初代エナジーマンにも飲んでもらったところ……。

「ウマい!」

「このウマさを表現するには、言葉だけでは不十分だ!」と珍しく興奮する初代。すくっと立ち上がったと思ったら、次の瞬間……

阿波踊り出した。

・踊れ踊れ

踊りのクオリティ自体は徳島県民に殺されるレベルだったが、そこには確かな情熱と熱狂があったと言っていい。「アワライズ」によって初代は、生涯最高とも言えるパフォーマンスを発揮したのである。朝まで踊ろや……! 一緒に踊ろや……!!

阿波踊り専用エナジードリンク「アワライズ」。個人的にはこれまで飲んだ非・王道フレーバーの中でもトップクラスにウマかった。公式サイトによると徳島県以外にも売っている場所があるようなので、見かけたらぜひチェックしてみてほしい! それではまた会おう。エンナァジイイイィィィッッ!!

参考リンク:徳島珈琲「アワライズが買える場所」
Report:エナジーマン(あひるねこ)
Photo:RocketNews24

★エナドリ関連の記事はこちら → シリーズ「エナジー検証」

2020-09-13 19:00:12 ケニアの田舎町にいたオシャレすぎるマスク美女 / マサイ通信:第414回

スパ! つい先日、キマナの町に行ったんだ。知人のクルマの助手席に乗っけてもらって。とびきりのオシャレして、お気に入りのマスクして。腕には赤いG-SHOCK。スマホのカバーはスカイブルー。比較的ビシギメ(ビシッとキメて)な感じで行ったんだ。

日本のゴーから「キマナに行ったら、いろんな写真を撮っておくこと」との宿題が出ていたから、スマホを構えて窓の外を眺めていたら、思わず「マビィ〜(マブイ)」と声に出しちゃうくらいのマスク美女が、1メートルほどのディスタンスに立っていたんだ。もちろんオレは激写した。

黄色いスカーフに、赤のアクセント。そして口もとには空色のマスク。首にはマサイのアクセサリーで、明るい青緑のトップスに対し、下はオレンジでまとめてくるとか……あまりにも色使いが上級者! それにしても、まとまっている。

ちなみにこの日のオレは、蛍光チックな黄緑のマスク。他にも、「白 / 青」とか、水色とか、いくつか違う色のマスクを持っている。こうなりゃマスクも効果的に使いこなさないと。オシャレなマサイ族は、マスクの色さえ気を使う。マブくありたい、誰よりも。オレセリ!

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前の話へ | 第1回から読む

Translate »