動画ニュース

動画ニュース

【激レアグルメ】鳥取の心『いぎす』を知っていますか / 今日は鳥取県民の日

calendar

鳥取出身の男性有名人といえば水木しげる・石破茂・小野ヤスシといった、やや渋めのメンツがスタンダードだったのだが、ヒゲダン(Official髭男dism)の登場で状況は急変した。あのような田舎から才能ある若い人が生まれ、ついに紅白にまで出場したのだ。

山陰のおジイちゃんおバアちゃん達も、今じゃみな彼らの活躍を楽しみにしている。こんなハッピーな話があるだろうか。ヒゲダンの皆様には今後とも健やかに、素敵な音楽を作り続けてほしいと強く願う次第である。

……さて、察しのいい読者はお気づきかもしれないが、実は私も鳥取県の出身だ。本日9月12日が『鳥取県民の日』だということを個人的には全く知らなかったが、ヒゲダンの方々はご存知だっただろうか……少しだけ気になるな〜!

・鳥取の一部地域

せっかくなので、今日は皆さんに我が故郷の郷土料理をご紹介しよう。その名は「いぎす」と言って、『いぎす草』なる海藻を煮固めたもの。

これは鳥取県の中でも主に中部地方で食べられており、東部や西部へ行くと存在自体を知らない人も多い。ちなみに当サイトの佐藤記者は鳥取寄りの島根県出身なのだが、「いぎす」について尋ねると「聞いたこともない」という答えだった。

“郷土料理” といえば大々的に売り出されている風に感じるけれど、いぎすはもっとマイナーな存在である。スーパーで売っている場合もあるが、圧倒的に売っていない可能性のほうが高い。かと言って母が「いぎす」を作るのを見たことはないし、私自身も作ったことはない。

これはどういうことかと言うと、恐らく私の祖父母世代(80代〜)が好んで「いぎす」を作っていたのではないか、と個人的には考えている。祖母が生きていた頃は「いぎす」を頻繁に食べていたが、そういえばここ数年はお目にかかっていない。

よって今の若い世代には、ひょっとすると「いぎす」を知らない人も増えているのかもしれず、私の認識は全県民に当てはまるものではない、ということをお断りしておく。

・いぎす作りに挑戦

少し前置きが長くなってしまった。どのみち東京在住の私がナマの「いぎす」を入手するのは難しい。ってことで、地元から『乾燥いぎす草』を空輸してもらうことにした。

乾燥したいぎす草は “ザ・磯” という香りがしてスゴクイイ。コンブに近い匂いなのだが、コンブよりも奥深い感じだ。それを水でジャブジャブと洗う。

すると別の海藻やカスなどが浮いてくるから、それらを掃除しつつ草をほぐす。

……とか偉そうに言っているけど、これは私にとって初めての「いぎす」作りだ。幼いころは「いぎす」を専門に売る店もあったと記憶している。「親戚の○○おばさんはいぎす作りが上手」といった話を聞いた覚えもあるが……詳しくは忘れてしまったなァ。

水を吸ったいぎす草は、今まさに海で取ってきたかのよう!

・練るべし!

そしてキレイになったいぎす草を、水と一緒に煮ていく。個人的にはここでの水分量と火加減が、「いぎす」の出来を左右するのだと思う。

沸騰すると次第に赤から茶色へ変色し……

少しずつ草が水に溶けてゆく。

説明書きを読むと、ここから「粘りがでるまで練り上げます」とある。

なんと……いぎすって「作る」んじゃなくて「練り上げる」ものだったのか……!!!

ひょっとして祖母が元気だった頃の鳥取では「今日の “いぎす” は上手く練れたで〜」「うちのは練りが足りんかったかいな〜」とかいう会話が、日常的に街角や食卓で交わされていたのかもしれないな……う〜ん、ノスタルジー。

こうなってくると「 “いぎす” を練れてこそ一人前の鳥取女」と言っても過言ではない気がしてきたぞ。初めてだけど心を込めて……脇を締め内角をえぐるように……

練るべし!!!

練るべし!!!

練るべし!!!

・完璧にできた

とはいえ初心者だから「ここぞ」というポイントまでは分からない。説明書きの指示通り、15分間練り上げたところで火を止める。

う〜ん、海藻がこんなにドロドロになるとは!

練り上げたものを容器に移し……

あとは冷めるまで放っておくだけ(今回は約2時間)。

すると……

笑っちゃうくらい完璧な「いぎす」が完成した。

・衝撃の真実

「いぎす」の食べ方は好みのサイズに切り分け、ショウガやネギとともに醤油で食べるのが一般的とされる。見た目はヨーカンに似ており、幼い頃マジで何度か間違えたものだ。さっそく食べてみると……

う〜ん! コレコレ!

祖母が作ったものよりやや固かったが許容範囲内だろう。30歳を超えて私は初めて「いぎす」を完璧に作り上げたのだ。これでようやく一人前の「鳥取で生まれた女」を名乗れるというものではないだろうか……えっ? 「味はどうなのか」って?

味は………………無いよ!

このことを説明するのはなかなか難しいのだが、「いぎす」はそもそもウマいとかマズいとか、そういった次元の食べ物ではない。もちろんほのかに海藻っぽい風味はする。しかしコンニャクほどの歯ごたえも、豆腐ほどの味わいもない……存在感でいえば『麩(ふ)』くらいの薄さだ。

多くの鳥取県(中部)民にとって「いぎす」とは、「特別好きでもないけど、食卓にあるからなんとなく食べる」といった立ち位置だと思われる。もちろん「 “いぎす” が大好物」「三食 “いぎす” でもイケる」という方もおられるだろうから、これはあくまでも個人的感覚だとお断りしておくが……。

だからといって、「いぎす」が嫌いだという人もあまりいない気がする。 “おばあちゃんが作っていて、そのまたおばあちゃんも作っていた” ……いぎすを食べるのに、これ以上の理由がいるだろうか? ある意味『心のバトン』ともいうべき「いぎす」文化を、私は鳥取出身者として継承していく義務があると、今回強く感じた次第だ。

さて今回この記事を読んで「 “いぎす” を食べてみたい」と思った読者も何人かおられるだろう。残念ながら「この店へ行けば確実に食べられる」等といった情報をお伝えすることができないため、こうなったらもう、最初からいぎす草を練っちゃうことをオススメしておきたい。けっこう簡単だから大丈夫だ。

それにしても『鳥取県民の日』の過ごし方として、「 “いぎす” を作った」は我ながらけっこう有意義だった気がするな〜!

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

Translate »