動画ニュース

動画ニュース

美しい青色のお酒「清藍」飲んでみた → しかも色が変化しちゃう! 摩訶不思議なお酒

calendar

日本酒の色といえば、透明か乳白色。お酒が好きな人ほど、当然のようにそんなイメージがあるだろう。しかし、世の中には本格的な吟醸酒にバタフライピーという天然ハーブで色を加えた、美しい青色のお酒があるという。

最近流行りの青いハーブティーそっくりなお酒を買って飲んでみると、お酒初心者すら思わずのんべえ化してしまいそうな効果があったよ。さっそくご紹介したい。

・偽りのティータイム

青色のお酒こと「清藍(せいらん)」を、公式サイトからAmazonで注文してみた。500mlで税・送料込2380円という価格が高いのか安いのかはお酒初心者なので分からない。届いた実物は公式サイトで見たよりも深い青色で、とてもお酒には思えなかった。

綺麗な青色が分かりやすいようにと、陶器のお猪口ではなく透明なティーカップに注いでみた。もうハーブティーにしか見えない。カップに注いだ状態で改めて色を見てみると、紫色がかった深い青色がとても美しい。

以前作ってもらった推しキャライメージハーブティーがバタフライピーを使用したハーブティーだったので比較してみたが、当然ながら見た目だけだと「清藍」がお酒だとは見抜けない。実はハーブティーなんじゃないの?

どんな味がするんだろう、とワクワクしながら飲んでみると……めちゃくちゃ日本酒の味だ〜! 口に含んだ瞬間少し辛みが刺し、だんだんと甘さを楽しむことが出来る。結構しっかりとした「日本酒」らしい味わいのお酒だ。

レモンなどの果汁を入れると色が変わるというので入れてみると、ピンクがかった紫色へと変化した。味はレモンの酸味が加わって尖った味わいになるかと思いきや、凄くまろやかになった! 正直めちゃくちゃ飲みやすい。何杯でも飲めてしまいそうだ。お酒初心者ながら、思わずのんべえになってしまいそう。

しかし、このお酒にはのんべえ化を促進する効果がもう一つあった。それは先ほどもお伝えした「ハーブティーそっくり」なことによる思わぬ効果だ。この「清藍」がハーブティーにしか見えないため、朝から飲んでいる姿を家族に目撃されても、叱られることがないのだ……!

味わいはしっかりとした日本酒にもかかわらず、飲んでいても小洒落たティータイムを過ごしているようにしか見えない。飲みやすさとも相まって、ついつい飲みすぎてしまいそう。くれぐれも、飲みすぎにはご注意を。

参照元:「清藍」公式サイト
Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.

Translate »